株式会社デサント

SHOP

MENU

CLOSE

よくある質問

ダウン製品の洗い方は?

洗濯は、商品に縫い付けられた取扱い表示にしたがってください。

●手洗いができるマークがあれば、自宅で洗濯可能ですが、洗浄や乾燥が不足することがあります。このため、クリーニング店でのウエットクリーニング(注)をお勧めします。 (注:ウエットクリーニングはクリーニング店でのマイルドな水洗い)

●中性洗剤使用の付記がある場合は、ウール・シルク用の中性洗剤を使用してください。

●家庭での洗濯禁止マークの製品については、ご家庭での洗濯を避けて、クリーニング店にお出しください。

【手洗いでの洗い方】

1.部分洗い
襟元や袖口など汚れのひどい部分は、先にスポンジや布にウール・シルク用の中性洗剤を含ませて叩き洗いをします。
※シミになることもありますので目立たないところで試してから行ってください。
※歯ブラシは、生地を傷めるためご使用を避けてください。
※カレーやワインなどの色素が強い汚れはクリーニングへ出してください。
※泥汚れなど繊維の奥まで入り込んでいる場合は、無理に部分洗いせず、クリーニングへ出してください。

2.フードは取り外し、ファスナー等は閉じて形を整える
フードは取り外して単体で洗います。ファスナーやホックなどは、開いたままではウェアを傷めることがありますので閉じてください。型崩れを防ぐために形を整えます。
※水沢ダウンの裏側の両脇下(パンツは内側の前ウェスト部)に水抜き用ファスナーがあるものは、この水抜き用ファスナーを開けてウェア全体を裏返して洗ってください。
水沢ダウンの裏側の水抜きファスナー
水沢ダウンの裏側の水抜きファスナー

3.押し洗い
洗濯層やお風呂、キレイにしたタンクにぬるま湯を張り、ウール・シルク用の中性洗剤を溶かしてください。
そこにウェアを浸し、優しく押し洗いをしていきます。

4.すすぎ洗い
すすぎ洗いにおいても優しく押し洗いをし、水を入れ替えて2回ほどすすぎます。

5.脱水は軽く絞り、バスタオルで水分を取る
ウェアを軽く絞った後、バスタオルにウェアを包んで優しく水分を吸い取ります。

6.乾燥
・取扱い表示を確認し、乾燥を行ってください。
の取扱い表示の場合は、低い温度でタンブル乾燥(排気温度上限60℃)をします。
の取扱い表示の場合は、タンブル乾燥(排気温度上限80℃)をします。
・陰干しの場合、風通しのいい日陰で干します。また、定期的にウェアの中のダウンが寄れて固まっている箇所は丁寧にほぐし、ダウンに空気を入れるように形を整えてください。