株式会社デサント

SHOP

MENU

CLOSE

社長メッセージ

社長メッセージ社長メッセージ

「Compass 2015」最終年度の事業数値目標を達成。
5つのグローバル化も順調に推進いたしました。
2017年3月期は、新中期3ヶ年計画「Compass 2018」を強力に推進していきます。

2016年3月期の業績について

2016年3月期の連結業績は、国内事業の収益改善と韓国をはじめとするアジアでの事業拡大により、売上高135,778百万円(前年同期比10.3%増)、営業利益10,376百万円(同13.6%増)、経常利益11,053百万円(同15.8%増)、親会社株主に帰属する当期純利益7,870百万円(同19.9%増)の増収増益で、売上高、各利益項目とも過去最高値を更新しました。国内については、適時適品にこだわり、店頭での売上、消化を重視したことで収益力を改善できたのは大きな成果と感じています。また、海外においては、中国経済の減速やアジア圏全体が暖冬に見舞われたことにより、一部冬物は苦戦したものの、『デサント』や『ルコックスポルティフ』のアスレチックウエアが好調に推移し目標数値を達成することができました。

2016年3月期での特徴的な取り組みについて

1つ目には、最注力ブランドと位置付けている『デサント』ブランドの事業拡大です。2015年9月から11月にかけて、日常シーンで着られるアイテムも揃えたライフスタイル提案型の新店舗「DESCENTE BLANC(デサント ブラン)」を代官山、福岡、大阪にオープン。同じく11月に、ブランド初となるグローバルフラッグシップショップ「デサントショップ ロンドン カーナビー ストリート」をイギリス・ロンドンにオープンしました。競技感やスキーのイメージが強かった『デサント』の商品を、より幅広い着用シーンで、より多くの年齢層やマーケットのお客様に打ち出すことができたと感じています。

2つ目には、日本、韓国に続く第3の柱として注力する欧米・中華圏でのビジネスの強化です。欧米を中心に世界約60ヵ国でトレイルランニング用オフロードシューズ等を展開するイギリスのイノヴェイトグループを、8月に子会社化しました。『イノヴェイト』というユニークで開発力に長けたブランドの特徴をさらに強化し、あらゆる地形(All-Terrain)を走れる「オールテラインシューズ」のリーディングブランドを目指します。さらに、その開発力を当社の他のシューズブランドにも生かし、企業としての相乗効果も生み出していきたいと考えています。一方、中華圏については、2016年1月より海外でも人気が高い木村拓哉さんを『マンシングウェア』のブランドキャラクターに起用。中華圏全体(中国、香港、マカオ、台湾、シンガポール)および韓国での統一プロモーションの展開を開始しました。その広告効果は大きく、中国の消費者が自国やアジア各国の旅行先で同一のプロモーションを目にすることで『マンシングウェア』というブランドの認知度が一気に高まり、実際の購買行動にも繋がっているようです。

3つ目に、ゴルフカテゴリーでの新規ブランド展開です。15年春夏にスタートした「デサントゴルフ」に続き、16年春夏からダンロップスポーツ株式会社との業務提携による『スリクソン』ブランドのゴルフウエアの販売を日本で開始しました。これまでのデサントのポートフォリオには無かったギア系のブランドがラインナップに加わり、当社の強みであるゴルフウエア市場でのさらなるシェア拡大を目指します。

中期経営計画「Compass 2015」の手ごたえについて

当期を最終年度とした中期3ヶ年計画「Compass 2015」は、数値面での目標を売上高1,200億円、営業利益80億円、当期純利益50億円と掲げておりましたが、それらを1年前倒しの2015年3月期に達成でき、さらに業績を伸ばせたことは大きな成果です。定量的な目標の達成後も、「グローバル化の更なる推進」や「国内事業の再構築」など定性面での課題のクリアに注力してきました。

「Compass 2015」の成果で特筆すべきことは、日本と子会社間はもちろん、子会社同士の拠点間のコミュニケーション力があがったことです。この3年間で、海外子会社の現地化の推進と並行し、本社と各海外拠点が、ブランディングやシーズンごとの商品コンセプトなどを意識的に共有、意見交換することを強化しました。結果的に、各海外拠点のコミュニケーション力が向上し、拠点間の連携も強化することができました。実際に、今期中国で展開した商品の中には、デサントコリアが主体で開発した商品もあり、組織全体のグローバル化が促進したと感じています。

新しい中期経営計画について

このたびデサントが5年後に目指す姿「VISION 2020」と、VISION達成に向けた新しい中期経営計画「Compass 2018」を策定いたしました。

「VISION 2020」、「Compass 2018」いずれもグローバルでの成長を非常に意識したものになっていますが、当社は日本発祥のブランドです。日本企業であることに誇りを持ち、日本発のブランドとして培った強みを生かしていくことがグローバル化への成功のカギだと思っています。日本から世界に羽ばたこうとする当社を引き続き応援してください。そして2020年のデサントを楽しみにしていてください。

「VISION 2020」および新中期経営計画「Compass 2018」の詳細はこちら

2016年6月
代表取締役社長 石本 雅敏