株式会社デサント

SHOP

MENU

CLOSE

社長メッセージ

社長メッセージ社長メッセージ

すべての人々にスポーツを遊ぶ楽しさを伝えることが
デサントグループにとって身近な社会貢献活動

ステークホルダーの皆様にとって、当社が安定的に存続し、成長していくことは、絶対的に不可欠なことです。当社が継続的に安定して発展していくためには、安定的な事業基盤をいくつ持っているか、が重要です。基盤は2つよりは3つ、さらに4つあったほうが、より安定しますので、現在の日本と韓国という2つの事業基盤に、さらに第3、第4の柱となる基盤をつくるべくエリア戦略を続けていく必要があると考えています。

ブランド事業では、アジア全体、そして世界全体で展開できるブランドを5つ持っています。『デサント』『ルコックスポルティフ』『マンシングウェア』『アリーナ』『イノヴェイト』です。この5つのブランドをグローバルでグループの基幹ブランドとして育成して、リスクを分散し、得意なカテゴリーで伸ばしていくことにより、安定的な成長が可能となります。当社が事業領域とするスポーツ用品市場は、世界的な健康ブームに支えられて拡大が見込める市場なので、この領域に事業基盤の中心を据えて、成長戦略を実行していきたいと考えています。

新中期経営計画(2016~2018年度の3カ年)「Compass 2018」の中では、商品企画開発力をさらに高めることを重点戦略のひとつとして掲げています。アパレルのR&Dセンターを日本に、シューズのR&Dセンターを韓国に新たに設立し、グローバル市場に向けた高機能商材を開発し、「モノを創る力」を向上させていきます。また日本のモノ創りを、もう一度見直し、ブラッシュアップして、国内の自社工場の能力増強による開発力強化と生産力拡大を実施します。売場はブランドと顧客の最も重要な接点と位置付けて、商品企画力、接客販売力、VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)による表現力など、「売場を創る力」を高めていきます。

当社の社会貢献活動には「すこやかキッズスポーツ塾」のように独自に実施しているものや、世界少年野球推進財団(World Children's Baseball Foundation:WCBF)の活動に協賛するものなど、様々な活動がありますが、スポーツを生業とする当社では、スポーツの楽しみを伝えていくことが我々の身近な社会貢献活動であると考えています。また、韓国におけるデサントコリア(株)の社会貢献活動のように、事業活動を通して得た利益をそのエリアに還元していくことも大切な活動です。

ビジネス全体の業務フローにおいて、環境に有害な影響を及ぼすような生産工程で作られた素材は、製品の素材としては使用いたしません。また、廃棄する時に大きく環境を壊してしまうような素材も使用いたしません。もともと大きく環境に負荷を与えるような事業構造ではないものの、身近なところでできる環境対策としてオフィスビルのCO2排出量を削減する活動を推進し、従業員の環境に関する意識向上を図っています。

今後もステークホルダーの皆様とより良いコミュニケーションを深めて、多くの人々にスポーツを遊ぶ楽しさを提供し、社会の持続的な発展とともに当社の成長を推進していきます。

2016年6月
代表取締役社長 石本 雅敏