ちょっと待て…マンシングウェアの「アメカジ」が本気すぎて言葉を失った

ちょっと待て…マンシングウェアの「アメカジ」が本気すぎて言葉を失った

  • 2021/12/13 (月)
  • 2022/04/08 (金)

デサントが「アメカジ」を扱っていると聞いた

デサントやルコックスポルティフといったスポーツアイテムを扱うデサント社。意外なことにアメカジブランドを取り扱っていると言います。

Penguin by Munsingwear(ペンギン バイ マンシングウェア)です。

マンシングウェアクラブハウス銀座店の画像

こちらは、銀座並木通りのフラッグシップショップ「マンシングウェア クラブハウス 銀座」です。

ペンギン バイ マンシングウェアは、ペンギンのアイコンをあしらったゴルフウェア「マンシングウェア」をルーツに、ストリートとトラッド(伝統)を融合した若者向けのデザインが特徴。

ビームスなどの有名セレクトショップでも扱われるなど、注目を集めているそうですが…。

スポーツブランドのアメカジってどうなの?

「トラッドなアメカジブランド」と聞いても、なんだか猜疑心が拭えません。だってスポーツブランドですよ。

そこでペンギン バイ マンシングウェア マーチャンダイザーの小森優敏さんに、ブランドの背景やこだわりを聞いてきました。

マーチャンダイザーの小森優敏さん

結論「疑ってすみません」という気持ちでいっぱいです。

ゴルフウェアならではの機能美

ゴルフウェアならではの機能美

――ペンギン バイ マンシングウェアはどのようなブランドでしょうか?

懐かしいけど、新しさを感じるアメカジブランドです。名品と言われるアイテムやアーカイブを参考に、生地やサイズ感で遊びを取り入れています。

――アイコニックなアイテムを挙げるとすれば何でしょうか?

カーディガンとポロシャツです。まずカーディガンですが、リンクス編みという特殊な製法を採用して、50~60年代の作りを復刻しています。

アイコニックなアイテムについて説明する小森優敏さん

カーディガンってボタンを締めると腰回りが引っ張られますよね。なのでサイドをアジャスター(ボタン)にすることで余裕ができます。

もともとゴルフウェアですから、スイングがしやすく、かつ服がブレないよう工夫されているんです。

――スポーツブランドならではの機能ですね。ではポロシャツはどんな特徴がありますか?

ポロシャツでは珍しいラグランスリーブなことと、脇下のガセット(継ぎ目)です。

わきの下のガセットについて説明する小森さん

脇下のガセットの画僧

脇下にガセットを入れることでスイングの際の可動域が広がります。開発当時、約1,500人のプロ及びトップアマのゴルファーに意見を聞いて作られたそうです。

首後ろにボタンがあることを説明する画像

首元後ろにもボタンが付いています。シャツを着るかのような作りになっているうえに、洗濯しても襟がヨレにくいんです。

――そんなところまで。ディテールが細かいですね。

ポロシャツを作れる工場って実は少ないんです。ラグランスリーブにガセットのディテールは、ほかのブランドではまず真似できません。

そんなに良いものなら着てみたい

そんなに良いものなら着てみたい

――今アメカジブームが来てますよね。

カーディガンやデニムをオーバーサイズにするアメカジストリートが流行っていますね。ペンギン バイ マンシングウェアでも、そういう世界観を出していきたいと思っています。

――ペンギン バイ マンシングウェアで「今っぽいアメカジコーデ」するとしたら、どんな感じになりますか?スタイリングしていただけたら嬉しいです。

ぜひぜひ!では、ポロシャツにストレートのパンツを合わせてみましょう。今年の流行りの同色コーデが良いですね。白いパンツに白のポロシャツを合わせて、カーディガンで色を入れてみましょう。

白いパンツに白のポロシャツを合わせたコーディネート

白いパンツとポロシャツにカーディガンを合わせたコーディネート

MADE IN USA アクションフリーガセット付き長袖シャツ:11,396円(税込)
マルチカラーリンクスカーディガン:19,800円(税込)
1968Pマックイーンパンツ:24,200円(税込)
その他私物

――このポロシャツ、突っ張り感がなくて動きやすいです。カーディガンの腰元もヨレないですね!

足元は革靴でもハイテクスニーカーでも合いますよ。革靴にキャップを加えた“アメリカのおじさん”をテーマに着こなすのも良い感じです。

さらにトラッドなコーディネートも

さらにトラッドなコーディネートも

シャンブレーシャツに、レタードカーディガンを合わせてみましょう。アイビールックを踏襲したアメカジテイストも今良い感じに来てますし。

さらに、ツイードのミリタリージャケットを羽織ったら「この人分かってる感」が出ますよ(笑)。

ミリタリージャケットを合わせたコーディネート

ツイードファティーグ ジャケット:20,020円(税込)
ビンテージ風レタードカーディガン:19,800円(税込)
ヴィンテージダンガリーワークシャツ:10,780円(税込)
ジャーマンコード バギートラウザー:13,860円(税込)
その他私物

――ラフなんだけどきちんと見えするのが不思議。パンツが極太なのに、だらしなくないですね。

このパンツ良いでしょう!シャツにもスウェットにも合わせられる、多様性のある1本を作りたかったんです。革靴はもちろん、ハイテクスニーカーを合わせても良いですね。

ダウンジャケットが気になる

――マーモットとのコラボジャケットがあると聞きました。

モンスターパーカーですね!これは自分のワガママで作ってもらったアメリカブランド同士のコラボレーションなんです。

モンスターパーカーを合わせたコーディネート

モンスターパーカーの説明画像

モンスターパーカー(マンシングウェア×マーモットコラボ):71,500円(税込)
ビンテージインディゴスリムフィットストレッチデニム(銀座店/ZOZOTOWN限定):8,470円(税込)
その他私物

750フィルパワーダウンを搭載しているので、めっちゃくちゃ暖かいですよ!フードはしまえる仕様ですが、ちゃんと中綿を入れています。

――めっちゃくちゃ軽い…そして暖かい!

そうなんですよ。タウンユースならシャツにサッと羽織るだけでOKです。大量生産ができないので最初で最後のコラボになります。

脈々と受け継がれるブランドのマインド

脈々と受け継がれるブランドのマインド

話を聞けば聞くほど、作りの細やかさや機能美に驚かされました。そのこだわりは製品のみならず、ブランドの在り方にも表れています。

ポロシャツやパーカーなどアメリカ製の商品は、わざわざ専用の袋を作り、発売当時のカタログを再現した下げ札を付けて提供しています。伝統に対してリスペクトしつつ、生地やデザインを工夫しながら時代に合わせて進化させているそうです。

マンシングウェアポロシャツの画像

アメカジやストリートファッションが好きな方は以下のリンクからアイテムを確認してみてください。Instagramでは毎週ライブ配信をしているので、そちらもおすすめです。

クラシックだけど新しさを感じる、そんなアイテムがそろっています。

スタイリング/小森優敏
撮影/山田淳之
文/石井洋

\アメカジ好きが大推薦!/

関連記事
【MLBファン必見!】マンシングウェアの新ライン、Grand-SlamとMLBの人気3チームによるコラボレーションが実現!

連日のように海の向こうから野球ニュースが届く2021年夏。スポーツ情報をチェックすることが朝のルーティーンになったという方も少なくないのでは?そんなアメリカ4大スポーツの1つでもあるメジャーリーグ・ベースボール(MLB)と、この春誕生した[…]

【MLBファン必見!】マンシングウェアの新ライン、Grand-SlamとMLBの人気3チームによるコラボレーションが実現!

関連記事
今こそ、こんなアイテムが必要だった!「マンシングウェア×ビームス プラス」コラボレーションポロシャツ誕生秘話

1955年に世界初のゴルフウェアブランドとして誕生したマンシングウェア。ブランドの矜恃が詰まった“MADE IN USA”ポロシャツに、今年もまたビームス プラス別注デザインが登場しました。 アメリカンカルチャーが花開いた60〜80年代に[…]

今こそ、こんなアイテムが必要だった!「ビームス プラス×マンシングウェア」コラボレーションポロシャツ誕生秘話
WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。