株式会社デサント

SHOP

MENU

CLOSE

環境に配慮した新社屋「大阪オフィス」完成

2012年春、大阪市天王寺区に大阪オフィスを建設しました。新たなオフィスは、人・情報・空気の活性化をコンセプトに、セキュリティ(安全面と情報漏えいの防止)と、エコロジー(自然の光と風を有効に活用)に配慮した建物です。また、働きやすい環境を生み出す4つの行動指針を掲げ、業務効率と生産性の向上を目指します。

1.コンセプトは、「人・情報・空気の活性化」
コンセプトを実現しているのは、オフィス中央に配置されているコミュニケーションボイドです。このコミュニケーションボイドを中心として、人と情報の流れを生み出し、クリエイティブかつ効率的に働くことが可能となります。また、自然の光(屋上から降り注ぐ太陽光)と、風(各階から屋上へ通じる風の通り道)を有効に活用することで、煙突効果を利用した自然換気を行います。さらに照明エネルギーの消費を抑える仕組みの導入や、湿度や降雨などを感知して空気の流れをコントロールする省エネルギー設備の設置、屋上・壁面緑化などの推進により、環境に配慮したビルとなっています。なお、このオフィスは、大阪市のCASBEE(大阪市建築物総合環境評価制度)において最高のSランクを取得しています。今後は、CO2排出総量を大阪オフィスで35%、全社では20%を削減目標として推進します。
(いずれも2008年度旧オフィス比較値)

2.働きやすい環境を生み出す4つの行動指針
新オフィスへの移転を機に、オフィス環境を最大限に活用し、業務効率と生産性の向上を目指すため、4つの行動指針をたて働き方を改革します。
 1.ペーパレス
 2.タイムマネージメント
 3.オープンコミュニケーション
 4.オン・オフの積極的な切り替え


■建物概要
名称:株式会社デサント 大阪オフィス
所在地:大阪市天王寺区堂ケ芝1丁目11番3号
敷地面積:1,461.82㎡
延床面積:6,158.95㎡
構造:鉄骨造 地上5階 地下1階 塔屋1階

入居人員:約370人

newoffice.jpg                        boido.jpg

外観はダイヤモンドダストの輝きと、淡雪の白さを表現                 執務フロア内のコミュニケーションボイド

    okujyouryokuka_.jpg                    hekimennryokuka_.jpg

   屋上緑化                        壁面緑化

 

★「CASBEE大阪みらい(大阪市建築物綜合環境評価制度)」

Sランク建築物綜合環境計画概要書は下記リンク先に掲載されています

http://www.city.osaka.lg.jp/keikakuchosei/cmsfiles/contents/0000122/122245/H23-29.pdf

CSRトピックス一覧にもどる