株式会社デサント

SHOP

MENU

CLOSE

「売場を創る力」向上のため
販売職社員による工場見学研修を実施

デサントは、9月13日(火)、14日(水)の2日間、セールスコーディネーター(販売職)による『マンシングウェア』ブランドの国内生産の工場見学を実施いたしました。取り扱っているブランドや商品に対する知識を深め、モチベーションアップや接客販売力の向上を目的とした、初めての取り組みです。工場見学には、『マンシングウェア』ブランドの主力店に勤務するセールスコーディネーターの中から約20名を選抜し、富山県にある紡績、形態安定加工、縫製の各工程を行う3つの提携先工場(※1)を訪問し、日頃、店頭で取り扱っている商品がどのような工程で作り上げられているのか見学したほか、実際にボタン付けなどの作業の体験も行いました。
今回見学した工場は「J∞QUALITY(ジェイ クオリティ)認証商品」(※2)を取り扱うなど高い技術を持っており、参加者はその工程の複雑さや精密さに驚きを見せていました。また、そこで働く人たちのプロ意識や「お客様にいい製品を届けて、喜んでもらいたい」という熱い想いに触れ、ブランドや商品に対する思い入れをさらに強めていました。そして「これだけたくさんの人の手がかけられ、想いの詰まった商品なので、自信を持ってお客様に薦め、一点一点大切に販売していきたい」と今後の決意を新たにしました。
当社は今年5月に、2020年にあるべき姿を示す「VISION 2020」及び3ヵ年の中期経営計画「Compass 2018」を発表しました。「Compass 2018」の重点戦略の1つとして、直営店と自主管理店舗の出店を推進することを挙げており、そのためには商品企画力、接客販売力、VMDによる表現力などの「売場を創る力」を高めていくことが非常に重要と捉えています。これまでもセールスコーディネーターの正社員化や優秀店舗表彰、接客ロールプレイコンテストなど、様々な施策を実施してまいりました。今後もセールスコーディネーターをはじめ社員の能力向上につながる研修や表彰などを通じ、引き続き、お客様により満足していただける売場創りを目指してまいります。
 
0930CP1.jpg 0930CP2.jpg
紡績工場の見学の様子 ポロシャツのボタン付けに挑戦

 

※1 今回見学した工場
①東洋紡株式会社 井波工場:原綿を紡績し、機能素材のベースとなる特殊な糸を製造する工場。
②東洋紡株式会社 庄川工場:形態安定加工「東洋紡ミラクルケア®」を行う工場。生地に特殊な加工を行うことにより、素材の風合いや吸水性を維持したまま、形状を記憶させる。
③株式会社呉羽アパレル:『マンシングウェア』専門の縫製工場。裁断されたパーツを熟練の作業員が一点一点、手作業で縫い上げていく。
 
 
※2 「J∞QUALITY認証」
日本ファッション産業協議会が行う認証事業。認証された商品は、素材、染色整理加工、縫製を全て国内で行った純正な国産商品であり、1) 作り手の深いこだわりが体現され、2) 精緻で丁寧な仕上がりを強みとし、3) 全ての生産者の顔が見え、したがって、4) 消費者が安心して購入できる安全な商品であるということが言える。

CSRトピックス一覧にもどる