COLUMN

コラム

アウトドア

日焼け止めだけでは足りない!
UPF、SPF、PAで紫外線対策

夏が近づくにつれ、気になるのが紫外線対策。
「日焼け止めを塗っていれば大丈夫」と思いきや日焼け止めの選び方や塗り方で、効果は大きく変わってくるようです。
そこで、今あらためて学んでおきたい紫外線の基礎知識を美容ジャーナリストの宇山恵子さんに教えていただきました。

紫外線が強くなる時期は?

「紫外線対策は梅雨明けからでOK」と考えている人も多いですが、実は5月頃からは強烈な紫外線が降り注ぐようになります。

気象庁のデータ「日最大UVインデックス」によると、とくに関東エリアの一部から西は、4月まで「中程度」だった紫外線が、5月に入ると「強い」、7月には「非常に強い」というように、次第に強さを増すようになります。

環境省のデータ「紫外線環境保健マニュアル2008」によると、紫外線は日本では6~8月に最も強くなると報告されています。紫外線対策は年間を通して欠かせないものですが、とくに紫外線が強くなる5月からは本格的な対策を始めることが大切です。

効果的な紫外線カットの方法は?

正しい方法で日焼け止めを塗ることで、紫外線を効果的にカットできます。日焼け止めを手にとった後は肌全体に薄く伸ばし、額や頬、鼻、あごなど出っ張ったパーツには少し多めに塗ります。肌の奥底に浸透させる必要はなく、あくまで肌表面を薄くカバーするのがポイント。一度にたくさん塗り込むのではなく2度塗りしましょう。
よくあるのが、日焼け止め乳液や化粧下地、リキッドファンデーション、パウダーファンデーションなど、日焼け止め成分入りの化粧品を何種類も重ねづけするケース。肌への負担が大きくなり肌トラブルの原因になってしまう恐れがあります。

重ね塗りするのではなく、3~4時間に1度日焼け止めを塗り直すことが、効果を持続させることにつながります。
シワやシミ、たるみなど、肌老化の原因の8割近くは、年齢ではなく紫外線の影響によるものです。この紫外線には波長の異なるUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3種類があります。

より効果的な紫外線対策は?

数値が高ければ高いほど効果がある、と思いがちな日焼け止め。しかし、数値が高いとそれなりに肌への負担が大きくなります。SPFやPAなど紫外線対策の指標に着目し、それぞれのライフスタイルや環境に合わせて使い分けることが大事です。

まず日焼け止めを選ぶときにおなじみのSPFは、5月~9月までの初夏〜初秋の間、肌に日焼け跡を強く残すUVB対策に効果があります。オフィスワークがメインの人だと「SPF30」程度で十分。SPF20程度までは数値が高くなるにつれてUVBカット効果が上がり、SPF20で紫外線を90%以上カットします。SPF25程度でピークになるため、それより高い数値のものを使っても効果はあまり変わりません。
近年では、SPF50以上の数値は表示しないというルールができたため、50以上の効果があるものには+をつけて「SPF50+」と表示しています。ただしSPFだけを意識するのは不十分。あわせて、曇の日でも窓を通過して肌の奥深くの真皮に到達し、シワやシミを作る原因になるUVAを防御する「PA値」の高いものを選ぶことが大切です。

PAのレベルは「PA+ (効果がある)」「PA++(効果がかなりある)」「PA+++(効果が非常にある)」「PA++++(効果が極めて高い)」の4段階で表示されるようになりました。とくに日差しが強くなる春以降の紫外線対策には、PA+++~PA++++のものを使ってください。
さらに最近になって、日焼け止めだけではなく、衣類での紫外線対策も注目されるようになりました。衣類の紫外線遮断効果を数値化するのがUPF(Ultraviolet Protection Factor)です。考え方はSPFと同じで、UPFの数値が高いほど日焼け防止効果が高くなります。UPF50以上はすべて「UPF50+」と表記されるので、これからの季節に外でアクティブに活動する場合は、UPF50+の衣類を選ぶことをおすすめします。

さらに詳しく!紫外線専門用語

・UVA(紫外線A波)
地上に届く紫外線の95%を占めます。波長が長く、肌表面だけではなく奥底の真皮にまで到達します。
UVAは曇りの日でも窓ガラスを通過し、肌まで到達するためどんなときでも対策は欠かせません。

・UVB(紫外線B波)
波長が短く、肌表面の表皮にとどまります。4月頃から強くなり、とくに5月~9月までの初夏〜初秋の間、肌に日焼け跡を強く残すようになります。

最後に、より効果的な紫外線対策をするために知っておきたい指標をご紹介します。

・SPF
UVBをカットする効果が続く時間を表したもの。一般的に「何もつけずにUVBを浴びて日焼けするまでの時間は約20分」と言われます。SPF1=20分間を基準にしているため、「SPF20」の日焼け止めを塗った場合は、通常(20分)の20倍(約6時間半)、肌を日焼けから守ってくれるのです。

・PA
UVAを防ぐ効果を表す指標です。PAは数値化できないため効果が+で示されています。

・UPF
紫外線対策の先進国として知られるオーストラリアやアメリカなどで広く使われている衣類の紫外線防止指数す。UPF50の衣類を着た場合、通常(20分)の50倍となる約16時間半に渡って紫外線をほぼ遮断して、日焼けを防ぐ効果が期待できるのです。

高PA値の日焼け止めとUPF50+の衣服を選んで、この夏は完璧な紫外線対策を!

監修 宇山恵子先生

東京医科歯科大学非常勤講師。京都府立医科大学特任教授。医療・美ジャーナリスト、『オールアバウト』アンチエイジングガイド、メノポーズカウンセラー、書道講師、ヨガ講師。大学卒業後、産経新聞などに勤務。医療、アンチエイジング、ダイエットなどを中心に2000人以上の医師に取材をするドクター取材のエキスパート。2つの大学では「医療コミュニケーション」を中心に、医師・医療スタッフと患者の円滑なコミュニケーション法について指導している。2009年NPO法人 更年期と加齢のヘルスケア認定『メノポーズカウンセラー』に合格。英語・仏語に堪能で医学ジャーナルの翻訳ニュースも一般向けに発信中。

おすすめの製品情報

紫外線対策ウェア

オンラインショップでチェック

UPFを意識して衣服で紫外線対策を!

紫外線が強くなる季節は、衣服での対策も必要です。UPFとは、オゾンホールの影響が強く、紫外線対策の先進国であるオーストラリアなどでも用いられている衣料品の紫外線遮蔽効果を示す世界的な指標。外でのスポーツはUPFの高い衣類を着て楽しみましょう!

「日焼け止めだけでは足りない!UPF、SPF、PAで紫外線対策」をシェアする

関連記事

ブランド

デサント

スポーツを楽しむすべての人に、トップアスリートとの共同開発に基づいて機能美を追求したスポーツモードを提案します。

アリーナ

スイミングをコアとした、フランス生まれのスポーツブランドです。自己の可能性を信じて挑戦を続ける人々をサポートします。

ルコックスポルティフ【ゴルフ】

フランス生まれのルコックスポルティフが、機能性とファッション性あふれる、お洒落なゴルフスタイルを創造します。

マーモット

トップクライマーから絶対的な信頼を得る、高機能で高感度な、アメリカ生まれの本格的アウトドアブランドです。

  • 紫外線対策
  • UVケア
  • 日焼け止め

コラム一覧へ戻る