COLUMN

コラム

ゴルフ

ゴルフをするときに気を付けるべき4つの紫外線対策

いよいよベストシーズンが到来したゴルフ。暖かい日差しの中、自然たっぷりのコースを回るのは楽しいですが、一方で気になるのが紫外線対策です。木陰のないゴルフ場ではコースを回りきるころには真っ赤に日焼けしていた……ということも。どうすればゴルフ場での日焼けを防げるかを、美容ライターの石原有起さんに伺いました。

日焼け止めクリームを塗る

一度コースに出るとなかなか塗りなおす機会がないので、事前にしっかりと日焼け止めを塗ることが大切です。

日焼け止めを選ぶ際は、PA値とSPFに注目しましょう。PA値とSPFでは、予防できる紫外線が異なります。紫外線のUV波はA波とB波の2種類に分かれます(※1.2)。A波を防ぐためには、PA値の+が多いものを選びます。SPF値の高い日焼け止めを選ぶことでB波を防げます。ゴルフで長時間コースに出るのであれば、SPF50ほどが目安です。

最近は化粧水や乳液のような日焼け止めもありますが、伸びがいい分、薄く伸ばしてしまい適正量以下しか塗っていないということも。塗るときは、2、3度塗ってようやくなじむ程度の多めの量を塗るようにします。また、コースに出ている間にも塗りなおしたいという方は、スプレータイプの日焼け止めがおすすめです。コースを回りながら気になったときにスプレーできる上、逆さまにしても使えるタイプのものなら、ひざの裏など汗をかきやすい場所にも使えます。これならコース中に塗り直してしまい、クラブを握る手が滑りやすくならずに済みます。
※1)A波は数年後にしみやしわ、たるみとなって現れる可能性のある紫外線。
※2)B波はやけどのように肌を赤く腫れ上がらせる可能性を含んだもの。

うっかり焼けに気を付ける

日焼け止めクリームをしっかり塗ったつもりでも、塗り残りが出てしまうこともあります。うっかり焼けをしやすい場所は次の通り。

・腕の内側
・耳の周辺
・あご下
・手の指の間
・服の境目
・髪

特に気を付けたいのが、手の日焼けです。グローブは片方だけ着けることが多い上、ネイル部分だけ穴が開いているネイルグローブもあります。グローブを付けていない側の手や指先にも気を付けたいですね。
また、ウェアを着用してから日焼け止めを塗ると、露出している部分だけに塗ってしまい、ゴルフ中に靴下や手袋がズレて日焼けしてしまうこともあるので気を付けましょう。ウェアを着る前の状態で日焼け止めを塗るのがベストです。

首回りの日焼けが心配な方は、タートルネックを着たり、ハイネックの上にポロシャツを合わせたりしても良いですね。

目への紫外線対策

うっかり日焼けしてしまいがちな部位の一つでもある目。目への紫外線対策には、サングラスが有効です。サングラス選びで注意すべきポイントは、きちんとUVカットの機能がついたものを選ぶこと。サングラスは黒ければ紫外線を予防できると思ってしまいがちですが、UV加工が施されていない黒いだけのサングラスだと瞳孔がひらき、逆に目を傷めてしまうこともあります。薄い色でも問題ないので、ちゃんとUVカット加工がされているものを選ぶようにしましょう。また、全方位から紫外線が降りそそぐゴルフ場では、横からの紫外線も防げるスポーツタイプのサングラスが最もおすすめです。

紫外線の強い時間帯は避ける

紫外線が強いのは、5月~9月。中でも5、6月の梅雨前に紫外線が強くなります。時間帯は10時~14時が強めなので、その時間を避け、早朝ゴルフや夕方開始のゴルフをするのもよいですね。
とはいえ、グループでゴルフをする場合は、他の参加者の都合もあるため早朝ゴルフや夕方開始のゴルフだけに限定することが難しいことも。その場合は、紫外線をカットできるウェアを着用するのも一つの手です。最近は紫外線をカットできる上、おしゃれなデザインのウェアが発売されているので、使ってみるのもいいですね。

購入する際は紫外線カットの防止指数であるUPF値の数値が高いものを選ぶようにしましょう。
紫外線対策を怠ると、肌に負担をかけるだけでなく健康へ害が出てしまうことも。皆さんも4箇条に気を付けながら、ベストシーズンのゴルフを楽しんでくださいね!

識者紹介/石原 有起

美容ライター・アクアアドバイザー・エディター。大学卒業後、大手化粧品メーカーを経て『CanCam』の美容ページを担当。現在は『25ans』『Hanako』などの女性誌を中心に取材・執筆を行うほか、TV出演、講演、PRアドバイスなど多方面で活動。NY留学経験を活かし、日本の美容トレンドを海外にも発信中。

おすすめの製品情報

ルコックゴルフ

UPFを意識して衣服で紫外線対策を!

フランス生まれのルコックスポルティフが、機能性とファッション性あふれる、お洒落なゴルフスタイルを提案します。快適にプレーできる多彩な機能と、ゴルフ場で映える洗練されたデザインが融合。紫外線対策をしても、かわいいウェアを着たいという、よくばりな女心は決して退屈させません!

詳しくはこちら

「ゴルフをするときに気を付けるべき4つの紫外線対策」をシェアする

関連記事

ブランド

マンシングウェア

世界で初めて登場した、アメリカ生まれのゴルフウェアブランドです。ペンギンをシンボルマークにあしらい、快適なゴルフライフを求める大人のためのゴルフウェアを提案します。

ルコックスポルティフ【ゴルフ】

フランス生まれのルコックスポルティフが、機能性とファッション性あふれる、お洒落なゴルフスタイルを創造します。

カッターアンドバック

挑戦し続けるシリアスゴルファーに向けた、機能性・快適性を併せ持つ、アメリカンスタイルのゴルフブランドです。

カルバン・クライン ゴルフ

カルバン・クライン ゴルフは、シンプル、モダン、タイムレスをキーワードとした、クラシックなアメリカンスポーツウェアからインスパイアーされたゴルフウェアです。

  • ゴルフ
  • 紫外線対策
  • UVケア

コラム一覧へ戻る