COLUMN

コラム

ランニング・ウォーキング

「負けないで」と応援されても・・・-走るタワレコ店員×走る元音楽番組MC“燃え尽きランナー”特別対談(前編)-

「負けないで」と応援されても・・・-走るタワレコ店員×走る元音楽番組MC“燃え尽きランナー”特別対談(前編)-

スポーツの秋、「今年こそは!」と意気込んでランニングを始めた、軽い気持ちでマラソン大会に応募したら当選してしまい、取り敢えず道具一式揃えてみたランナーの皆様、今一度立ち止まって考えてみてください。「過去に何度同じ経験をし、何度挫折をしたか」当社の調査でランニングを始めて6ヶ月以内に辞めてしまう、“燃え尽きたランナー”が67%にものぼることが明らかになっています。

さらに“燃え尽きランナー”について詳しく調べていくと、モチベーション維持策の有無が継続のカギを握っており、挫折したランナーの32%がモチベーション維持策を持ちあわせていなかったのに対して、継続できているランナーの99%が、何らかの維持策を実施していることがわかりました。その中でも際立っていたことの1つが、継続できているランナーの52%が、ラン音楽を聴きながら走っていること。そこで今回、せっかくはじめたランニングで燃え尽きないために、「ランニングの時に聞きたいオススメの曲」をご紹介。

紹介してくれるのは、「ガリレオ」や「ROOKIES」にも出演し、プライベートではマラソン大会で自己最高記録の3時間42分を記録した、走る女優こと高山都さん。

そして、タワレコ渋谷店でひっそりと活動している「タワレコランニング部」の部長であり月間400kmという距離を走破する吉田さん。このお二方がオススメする、「ランニングをより楽しめる」、「燃え尽きない、挫折しない」ための曲とはいったいどのようなモノなのでしょうか。前編・後編の2本立てです。

アルバム1枚分の時間=ランニングの時間

- 今回の取材は、ラン×音楽ということで。お二方は、もちろん日常的に走られてますよね?

  • 高山・吉田:はい

- どれくらい走られてますか?

  • 吉田:僕は一応週に100kmですかね。
  • 高山:えっ!?週に100kmですか?
  • 吉田:はい(笑)。だいたい4日か5日にわけて1日20kmずつくらい走ってます。

- じゃあ月400km、ということですか・・・?

  • 吉田:まぁ、月に400kmは超えますよね。
  • 高山:すごい(笑)。たぶん、吉田さんが走り過ぎなのでサラっと言いますが、私は月に100kmとかですかね?今はオフシーズンなのでアレですが、10月ごろから冬にかけて、その倍の200kmくらいとか走りますよ!

- ちなみにお二人は走りはじめてから何年ぐらいですか?

  • 吉田:僕は20代からなので、もう14〜15年ですかね・・・
  • 高山:私は3年半です!

- そもそも、挫折する人が多いランニングですが、どうして続いていると思いますか??

  • 高山:私の場合、きっかけはYahoo!スポーツさんの企画で、ハーフマラソンに挑戦するというモノだったんですね。実は本当に運動神経が悪くて、体育でもずっと“2”だったんです、私。

- 5段階のうちの、“2”、でいいですよね?

  • 高山:はい。もともと運動ができないのは自覚していたので、とにかく練習から始めようと。で、走ってみてわかったんですが、私、音楽が無いと走れないんですよ。気分が乗らないというか。逆に言うと、シューズとiPodさえあれば、いつでもどこでも走れるんです!

    ちょうど、ラジオ番組をやっていたんですが、ゲストでいらしてくれるアーティストの曲をちゃんと聞き込んだ上でお迎えするのがマナーだと思っていたんです。じゃあ、どうせ走りに行くんだし、その時に聞くということをはじめたら、すごく曲が染み込んでいくのを感じたんです。

    歌詞カードとか見てないのに言葉が入ってくるし、自分の見てる景色だったり、その時に抱いている感情と歌詞がリンクする瞬間が何度もあって。「カラダを動かしながら聞くことって、なんて素晴らしいんだ!」、と思い、自ずとランニングも習慣化されましたね。

- じゃあ音楽を聞くために走ると言っても過言ではないと。

  • 高山:そうですね。だから新しいCDを買うと、家で聞かずにまずiPodに入れて、外に出た瞬間再生ボタン押すということが、本当に楽しみで(笑)。

    「今日はだるいなぁ」っていう日でも、なんだかんだ1枚のアルバムを聞き終わるまでは歩いたり走ったり。アルバムって短くて40分、長くて60分ちょいだからホント、走る時間にちょうどいいんですよね。

走るタワレコ店員、吉田さんが厳選!ランにオススメなアーティストと曲。

- 「走るタワレコ店員」こと吉田さんも、音楽を聞きながら走られますか?

  • 吉田:そうですね。高山さんと同じように、音楽と正面から向き合いたいときには、走りながら聞きますね。家でオーディオの前では聞かないですね、どうしても意識が他に向いちゃって、なかなか言葉が耳に入ってこないので。

    だから僕も、新譜についてのコメントを書かなきゃ行けないって時は、高山さんと同じようにMP3プレイヤーに入れて走りながら聞きますね。

- 吉田さんが全部新譜を聴いて書いてるってことに感動しました(笑)

  • 吉田:仕事ですから(笑)。キャプションだけ見て買い手とかほんとに対峙したい商品は、家で聞いてても、コメントかこうとかいっても、なかなか出ないですね。いっぺん走りながら聞いて、ちゃんとこう向かいあって
  • 高山:私、めちゃめちゃポップ買いしますよ!そのアーティストのことを知らなくても、そのポップに書かれている文章が凄い熱量で、「この人がこんなに押すんだったら買ってみよう」という気持ちになりますね。
  • 吉田:うちはもう・・・店員冥利につきます、有り難うございます(笑)。

- では、そんな吉田さんにランにおすすめのアーティスト、または曲を教えていただければと。

- 裸ですよね、歌詞が。

  • 吉田:いい比喩を考えて、歌詞をオシャレにしようとしないところが素敵なんですよ。おすすめの曲は、ご存知の方も多いと思いますが、やっぱり「福笑い」。あとは「靴紐」という曲が好きですね。

- この曲って普遍的な存在になるんだろうなと。10年後、20年後聞いても、いい曲になるんだなって思いますね。

  • 吉田:そうですねぇ、特に「福笑い」はいい曲ですよね!あと、走っていて気持ちいいって時に聞きたいのがコーラスとか、60年代のソフトロック。なんかこう、ハーモニーが良くて、もちろんメロディもいい。

- ゴリゴリしていない、耳になじむようなロックですよね?

  • 吉田:そう、意外とBPM(Beats Per Minute その曲が1分間に刻むビートのこと)も早くて走りやすいし、もちろんハーモニーもすばらしい。アーティスト名で言うと、「ロジャー・ニコルス& スモールサークルオブフレンズ」

    このロジャー・ニコルスは、あのカーペンターズに曲を提供していた人、実力派のミュージシャンなんですよ。アルバムでいうと「デラックス・ディション」がオススメです。

  • 吉田:あと、「Roddy Frame(ロディ・フレイム)」ですかね。僕、40歳になるんですけど、中学生のころいわゆるフリッパーズギターが流行っていてんですが、このロディ・フレイムが多大な影響を与えてと言われています。

    彼は当時、「Aztec Camera(アズテックカメラ)」というバンドもやっていてすごい人気だったんですが、一度衰退して本人も低迷して。でも、このアルバムでもう一度シーンの最前線まで返り咲いたんですよ。

    個人的には、「Surf」ってアルバムがオススメです。アコースティックでカラっとしていて。ベース音がほとんどないので、走っている途中にBPMに影響されにくいのもあって、ランの時によく聞いてます。

- こういうサウンドって、意外とランに合いますよね?

  • 吉田:そうなんですよ。なかでもおすすめは「Older guys」って曲です。すごく平坦な曲なんですが、味わいがあってテンポも安定していて、これまた走る時に大事なリズムをもたらしてくれる曲ですね。

「負けないで」と応援されても・・・そもそもランに勝ち負けなんてない。

- 意外なんですけど、わりとベタな曲は入っていないんですね?たとえば、ZARDの「負けないで」とか。24時間テレビのマラソンではおなじみの曲ですし。

  • 吉田:たまに、口ずさんだりすることはありますけど、特に思い入れがないから響かないですね。僕、千葉からフジロックの会場である新潟まで走っていったんですけど、やっぱり好きな曲を聞いてましたね、ずっと。

- え?走ってフジロックまで行かれたんですか?

  • 吉田:はい(笑)。

- ちょっとその超人エピソードは置いておいて(笑)。そもそもランにおける負けって何なんでしょうね?

  • 高山:うーん、ないですよね?「負け」って言葉をつかっちゃうから、心が折れてしまうわけであって。それに、「負けた」って思っちゃうと次のアクションに対してのハードルがあがって苦しくなっちゃう気がします。

    自分で能動的にやっていることなので、「ここまでやれた!」、ということを褒めてあげる作業も大事なのかな?
  • 吉田:僕も勝ち負けとかはないかなと思いますね。使命感で走っているわけではないので、自分に負けたというのはネガティブ。逆に今日は「これだけできた、じゃあ明日はもっと頑張ろう」という、ポジティブなマインドでこそランニングは楽しめるものなのかなと思います。

後編は、女優、高山都さんのオススメの曲を中心に紹介していきます。

おすすめの製品情報

SKINS RY400

オンラインショップでチェック

身体の負担をリカバリーし、すぐれたコンディションに

オフタイムでの着用をコンセプトに開発されたRY400。着ていることを意識させないフィッティングで、快適な着心地。翌朝はバッチリ爽快、旅行時も充実度120%です。

詳しくはこちら

「「負けないで」と応援されても・・・-走るタワレコ店員×走る元音楽番組MC“燃え尽きランナー”特別対談(前編)-」をシェアする

関連記事

ブランド

スキンズ

スキンズ独自の段階的着圧を特徴とし、パフォーマンスとリカバリーの機能が選べるコンプレッションウェアのブランドです。

  • ランニング
  • 燃え尽きランナー

コラム一覧へ戻る