COLUMN

コラム

アウトドア

ビギナー女子必見!夏フェスで男子がキュンとする行動7選

ビギナー女子必見! 夏フェスで男子がキュンとする行動7選

音楽好きにはたまらない夏の祭典といえば、やっぱり夏フェス! 国内最大級クラスの「FUJI ROCK FESTIVAL」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「SUMMER SONIC」あたりの夏フェスなら、一度は耳にしたことのある人も多いのでは。

でも、「音楽に詳しくないと楽しめない?」「ハードルが高そう」「音楽に合わせて踊るのが恥ずかしい」など、夏フェスに行くきっかけを作れない女子も少なくないよう。それはもったいない!
夏フェスは様々なアーティストを一気に見られる、めったにない大規模イベント。音楽的な視野が広がるのはもちろん、屋外で「音のシャワーを浴びる」気持ちよさも堪能できます。

知らなかった音楽との奇跡的な出会いもあるでしょう。「人生観が変わった」という人もいるくらいです。心をオープンにして楽しめば、素晴らしい思い出を作れる夏フェスに、今年は足を運んでみませんか。
というわけで、音楽好きな男子が、夏フェスでキュンとくる女子の行動を調査してみました。

フェスでのキュン行動

感動を共有しあう

「あまり音楽に詳しくなかった女子が、いい音楽を理解してくれて、感動を共有できたとき。『連れてきてくれてありがとう!』みたいなことを言われると嬉しいです!」(28歳/メーカー)

一緒に夜空を眺める

一緒に夜空を眺める

「昼はお酒を飲んでライブで騒ぎ、夜は遠くから聞こえるステージの音をBGMに、一緒に夜空を眺めてくれる女子にキュンとします」(26歳/広告)

音楽を真剣に聴く

「演奏を真剣に聴き入る姿を見ると、かわいいなぁと思います。いろんなフェスに連れて行ったり、いい音楽を教えてあげたくなります」(29歳/営業)

フェスでのファッションと、それにまつわるキュン行動

タンクトップ+ショーパンで元気に

「野外フェスには開放的なファッションがぴったりです。タンクトップ、ショートパンツを着た、元気な子は最高! 汗をかいた髪が肌にぺたっと張り付いているのを見るのがたまりません。それくらいアクティブに動いてほしい」(31歳/コンサル)

山ガールファッションでアクティブに

山ガールファッションでアクティブに



「ヒッピーっぽい山ガールファッションがかわいい! 夏フェスに来る男は大抵サブカル好きなので、ちょっと攻めるくらいのファッションにも好意的だと思いますよ」(33歳/IT)

デニム+バンドTでハジけて

「タイトなデニムにバンドTシャツなんていいですね。Tシャツが汗でぴたっとするくらい、ノリノリで踊ったり歌ったりする子が好きですね」(29歳/編集)

ワンピ+髪飾りでガーリーに

「ワンピースにサンダル、頭にぐるりと巻くタイプの髪飾りのスタイルが好みです。ワンピの裾をひらひらさせながら踊る女の子がいたら、思わず目を奪われそうです」(31歳/広報)

ほかにも「THE夏フェスというイメージの“ポンチョ”も好きです」(26歳/広告)といった声もありました。 ポップなイメージのフェスならではの、元気に動けるファッション、またアクティブに楽しむ女子に、キュンとする男子が多いことがわかります。

ビギナー女子へのアドバイス


最後にビギナー女子へのアドバイスをもらいました!
「たくさん踊るので、基本的には身軽さを重視してください」(29歳/編集)、「小物はウエストバックにコンパクトにまとめるなど、モノをなくさないように気をつけて。でないと皆で大捜索するハメになります」(33歳/IT)。ファッションを決めるときの参考になりますね。


このほかにも、「適度な休憩&水分補給がマストです」(27歳/銀行)、「昼と夜とで寒暖の差が激しく、突然雨が降ることもあるので、風邪を引かないよう気をつけてください」(29歳/営業)など、健康管理面を指摘する声も。ポンチョなどの羽織ものは1枚持っておきたいところです。

この夏はフェスで、偶然生まれる新たな出会いを、思いっきり楽しんでみてはいかがですか。

TOWER RECORDS × アリーナ マーモット

「ビギナー女子必見! 夏フェスで男子がキュンとする行動7選」をシェアする

関連記事

ブランド

アリーナ

スイミングをコアとした、フランス生まれのスポーツブランドです。自己の可能性を信じて挑戦を続ける人々をサポートします。

マーモット

トップクライマーから絶対的な信頼を得る、高機能で高感度な、アメリカ生まれの本格的アウトドアブランドです。

  • アウトドア
  • ファッション
  • 野外フェス
  • 夏フェス
  • 女子
  • 服装

コラム一覧へ戻る