COLUMN

コラム

ランニング・ウォーキング

スポーツの秋にランニングを始めたランナーの68%が6ヶ月以内に挫折した『燃え尽きランナー』継続できているランナーと、挫折したランナーの意外な境界線

スポーツの秋にランニングを始めたランナーの68%が6ヶ月以内に挫折した『燃え尽きランナー』継続できているランナーと、挫折したランナーの意外な境界線

「スポーツの秋、今年こそは!」と意気込んでランニングを始めた、軽い気持ちでマラソン大会に応募したら当選してしまい、取り敢えず道具一式揃えてみたランナーの皆様、今一度立ち止まって考えてみてください。
「過去に何度同じ経験をし、何度挫折をしたか」
デサントとタニタが9〜11月にランニングを始めた経験のあるランナー378人に調査をしたところ、ランニングを始めて6ヶ月以内に辞めてしまう、“燃え尽きたランナー”が67%にものぼることが明らかになりました。
そこで、今回は継続できているランナーと、継続できなかったランナーの境界線はどこにあるのか?調査結果をもとに、そのヒントを探ります

意気込み過ぎると続かない?継続のカギは適度な“休足日”

ランニング開始当初のランニングの頻度を調査したところ、継続できたランナーと挫折したランナーでの傾向の違いが明らかになりました。挫折したランナーは、ランニング開始当初、毎日(24%)、2日に1回(21%)と頻度高く走っていたのに対して、現在も継続できているランナーは、3日に1回(38%)が最も多く、逆に毎日走っていたランナーは4%に留まるなど、あまり意気込み過ぎず、適度に休足日を設けながらランニングを始めたことが明らかになりました。このことについては、走る女優こと高山都さんと、「週1回のランニングでマラソンは完走できる」の著者で、ランニングアドバイザーの真鍋未央さんも、対談の中で「ランニングは恋愛と一緒。物足りないくらいがうまくいく。」と指摘しています。

音楽を聴きながら走ることはモチベーション維持に有効!継続できているランナーの52%が、音楽を聴きながら走っていた

(図3)継続できているランナーのモチベーション維持策

(図4)挫折したランナーのモチベーション維持策

継続できているランナー、挫折したランナー双方に、ランニングのモチベーション維持策を調査したところ、継続できているランナーは、「音楽を聴きながら走る」(52%)「体重計・体組成計での記録」(41%)など、99%のほぼ全員が何らかのモチベーション維持対策を実施していたのに対して、挫折したランナーの32%は、特に対策をしていなかったことが明らかになりました。
また継続できているランナーと挫折したランナーでは、対策経験に大きな違いが発生した項目もあり、「体組成計での記録」「音楽を聴きながら走る」の項目では、それぞれ18%と20%の差が発生したことから、ランニング継続のカギを握るグッズの1つと言えます。

継続のカギはランニング後の過ごし方にあり!継続できているランナーの92%は「リカバリー」対策を実施

(図5)継続できているランナーのランニング後のリカバリー対策

(図6)挫折したランナーのランニング後のリカバリー対策

継続できているランナー、挫折したランナー双方に、ランニング後のリカバリー対策を調査したところ、継続できているランナーは、「機能性インナー(コンプレッションインナー)の着用」(39%)「入浴方法の工夫」(44%)など、92%が何らかのランニング後のリカバリー対策を実施していたのに対して、挫折したランナーの44%は、特に対策をしていなかったことが明らかになりました。
 
また継続できているランナーと挫折したランナーでは、対策経験に大きな違いが発生した項目もあり、「機能性インナー(コンプレッションウェア)の着用」の項目では、32%の差が発生したことから、ランニング継続のカギを握るグッズの1つと言えます。

継続できるか否かは走るデスクワーク中に決まっている!?デスクワークの疲労対策と継続期間に相関関係

継続できているランナー、挫折したランナー双方に、デスクワークの疲労対策を調査したところ、継続できているランナーは、「インナーの工夫」(36%)「パソコン用メガネを使う」(25%)など、93%が何らかのデスクワークの疲労対策を実施していたのに対して、挫折したランナーの36%は、特に対策をしていなかったことが明らかになりました。
 
また継続できているランナーと挫折したランナーでは、対策経験に大きな違いが発生した項目もあり、「インナーの工夫(動きやすい・疲れにくいインナー等)」の項目では、24%の差が発生したことから、ランニング継続のカギを握るグッズの1つと言えます。

(図7)継続できているランナーのデスクワークの疲労対策

(図8)挫折したランナーのデスクワークの疲労対策

調査概要

調査主体 株式会社タニタ、株式会社デサント
調査内容  9月~11月にランニングを始めた経験がるランナーの実態調査
調査地域 全国
調査対象 20歳~59歳の男女
調査方法 インターネット調査
調査期間 2013年8月18日(金)~8月29日(水)
有効回答数 378サンプル

おすすめの製品情報

SKINS RY400

オンラインショップでチェック

身体の負担をリカバリーし、すぐれたコンディションに

オフタイムでの着用をコンセプトに開発されたRY400。着ていることを意識させないフィッティングで、快適な着心地。翌朝はバッチリ爽快、旅行時も充実度120%です。

詳しくはこちら

「スポーツの秋にランニングを始めたランナーの68%が6ヶ月以内に挫折した『燃え尽きランナー』継続できているランナーと、挫折したランナーの意外な境界線」をシェアする

関連記事

ブランド

スキンズ

スキンズ独自の段階的着圧を特徴とし、パフォーマンスとリカバリーの機能が選べるコンプレッションウェアのブランドです。

  • ランニング
  • 燃え尽きランナー

コラム一覧へ戻る