COLUMN

コラム

ランニング・ウォーキング

恋愛もランニングもマニュアル通りは禁止!!
-走る女優×ランニングアドバイザー
“燃え尽きランナー”対談(後編)-恋愛もランニングもマニュアル通りは禁止!!-走る女優×ランニングアドバイザー“燃え尽きランナー”対談(後編)-

前編では、ブームの裏側で、継続できない約70%の燃え尽きランナーに対する解決策を、ドラマ「ガリレオ」(フジテレビ)等で女優として活躍しながら、3時間42分のマラソン自己ベスト記録を持つ高山都さんと、「週1回のランニングでマラソンは完走できる」の著者、真鍋未央さんの対談で探りました。(→前編はこちら
愛とランニングの意外な共通項が浮き彫りになった前編に続き、後編ではその共通項を、さらに深堀りしていきます。

恋愛マニュアルと同じ、ハウツー本を読むのはほどほどに。

  • 真鍋:ストイックな人って、自分で自分のことを苦しめ過ぎていると思うんです。そういう人の特徴って、ハウツー本を読んでその理論を当てはめようとする人も多いんですけど、それはやめた方がいいかなぁと。幅広い選択肢と考えをもって、ゆるーく走ること自体を楽しんでほしいなと。

    恋愛だってそう、型にはまっちゃったら駄目じゃないですか。ハウツー本のノウハウに自分を当てはめようとする。私らしく僕らしくで、いいじゃないですか?人間は性格も体系もみんな違うんだから、すべてに当てはまる成功する方法ってのはないかな。
  • 高山:発想の転換というか、引き算思考は切り替えたほうがいいかなと思いますね。ダイエット目的だと、踊り場(体重の減少がパッタリと、止まる時期)となる時期が必ず訪れて、「走ってても痩せないじゃん!」みたいな気持ちになるんですよ。そういう時こそ、焼き肉食べたいから、走ろうみたいな感じで、日常にあふれる楽しみと組み合わせてあげるべきだと思うんです。±0でもいいのかなって。

    もし、「どうしても体重を減らしたい」という方であれば、焼き肉とかケーキじゃなくて、新しいウェアを買うとか、何かをご褒美を自分に買ってあげるとか、ですかね。

- 話は変わるのですが、基本、走ることって「疲れる」という感覚の人が多いじゃないですか?「走ることが気持ちいい」という感覚はどうやったら手に入るのでしょうか?

  • 真鍋:大会にでるというのは大事かも。もちろん、フルじゃなくていいから5kmとか10kmとか。タイムとかを求めるんじゃなくて、みんなで一斉にスタートしてゴールするということを味わう、あの非日常の感覚が楽しいのかなと。それに大会のために練習するから、練習も続いて一石二鳥ですよね。

- 何かのために頑張っている自分、かっこいいとかそういう感覚もありますしね!

  • 高山:そのためにシューズもウェアもそろえたくなったり。1人で参加するのが嫌なら誰かと参加すればいいから。モチベーションを保つには大会が大事かなぁと。大会に出れるまでにちゃんと練習しようとかね。

- ポイントって、新しいですね(笑)

長く付き合ったカップルがマンネリ化するのは、
やりきった感があるから。ランも余韻、余白が大事

- マンネリしちゃった同棲カップルに、刺激になるイベントが必要なのと同じですかね−

  • 高山:長く付き合ったカップルがマンネリ化するのは、やりきった感があるから。ちょっとでもいいから、知らない部分とか残しておかないと。だからそこに刺激を入れてあげることが大事かなと。ダラダラしちゃって、目新しさがなくて、なんだかマンネリして。おそらくランも同じような状況になると思うんですよね、「ちょっと飽きてきたな」と思ったら、大会というイベントを設ける。恋愛も同じで、マンネリしてきたら旅行などのイベントも起こすってのは大事かなと思うんですよね。
  • 真鍋:親にも、同棲しちゃうと結婚までいかないケースが多いと言われましたね。やっぱりどこか、余韻を残るというか、やり切らないというのはすごく大事なのかなと。
  • 高山:ランの決して燃え尽きるまでやるんじゃなくて、余白・余韻を残してあげて、ランの後に何をするかってのが大事かもしれないですね。

- 走ったな、気持ちよかったな。その気持ちのひたりながら、野菜をたくさん食べるとか、半身浴するとか。

  • 高山:あとは、走ったあとのスベスベな肌の良さにひたるとか。そうそう、デートの前にランをするってオススメなんですよ。代謝があがるから、肌色がワントーンあがるし、血色よくなるし、血液の循環が早くなるからアタマも回るようになるし。

勝負の日、勝負デートの日は朝、走った方がいいですね!

おすすめの製品情報

SKINS RY400

オンラインショップでチェック

身体の負担をリカバリーし、すぐれたコンディションに

オフタイムでの着用をコンセプトに開発されたRY400。着ていることを意識させないフィッティングで、快適な着心地。翌朝はバッチリ爽快、旅行時も充実度120%です。

詳しくはこちら

「恋愛もランニングもマニュアル通りは禁止!! -走る女優×ランニングアドバイザー “燃え尽きランナー”対談(後編)-」をシェアする

関連記事

ブランド

スキンズ

スキンズ独自の段階的着圧を特徴とし、パフォーマンスとリカバリーの機能が選べるコンプレッションウェアのブランドです。

  • ランニング
  • 燃え尽きランナー

コラム一覧へ戻る