COLUMN

コラム

アウトドア

やまなし観光機構と静岡観光協会に聞いてみた
写真を撮りたくなる富士山の絶景スポット~山梨県編~

やまなし観光機構と静岡観光協会に聞いてみた写真を撮りたくなる富士山の絶景スポット ~山梨県編~

世界遺産への登録が決まった富士山。富士山を間近で見られる場所といえば、静岡県と山梨県ですよね。山や湖の多い山梨県と、海側に位置する静岡県では、同じ富士山でもずいぶん違った景観を楽しめるものです。今回は、山梨県から見た富士山の絶景スポットを調査。やまなし観光推進機構に聞きました。

天下茶屋から見る富士山

天下茶屋から見る富士山

河口湖近くにある郷土料理店「天下茶屋(てんかぢゃや)」。1938(昭和13)年には、太宰治が滞在して執筆活動をした茶屋です。そんな天下茶屋からは、富士山と河口湖の眺望を楽しめます。撮影は通年可能。朝から夕方まで撮影できるスポットです。県道708号線から自動車で気軽に訪れることができます。

撮影時期:通年
撮影場所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口周辺(国道137号線新御坂トンネルを河口湖側より、県道708号線を進む。旧御坂トンネル手前の天下茶屋より撮影)

新倉山浅間神社と富士山

新倉山浅間神社と富士山

富士吉田市に位置する「新倉山浅間神社」。日の入り直後には、市街地の夜景と忠霊塔、富士山の組み合わせが楽しめます。桜の咲く4月は、春らしい景観も楽しめます。撮影のコツは、よく晴れた雲の少ない日を狙うこと。撮影条件さえ整えば、簡単に絵になる写真を収められます。

撮影時期:通年
撮影場所:新倉山浅間神社(富士吉田市新倉3620下吉田駅北側)

青い「子抱き富士」

青い「子抱き富士」

精進湖北岸から撮影した「子抱き富士」。「子抱き富士」とは、富士山の正面に大室山が位置し、富士山に抱かれているような構図になること。9月ごろの朝から昼間にかけては、真っ青な空と湖が撮影できます。

撮影時期:9月ごろ
撮影場所:精進湖北側(山梨県営精進湖駐車場付近)

花の都公園から見た赤富士

花の都公園から見た赤富士

山中湖から撮影した「赤富士」。「赤富士」とは、早朝の朝焼けに染まった富士山のこと。古くは葛飾北斎を始め、さまざまな画家たちが真っ赤に染まった富士山を描いてきました。この撮影場所は、山中湖近くの花の都公園。公園内からは季節の花々と富士山のコントラストが撮影できます。

撮影時期:春ごろ
撮影場所:山中湖花の都公園(山梨県南都留郡山中湖村山中1650)

吊るし雲と逆さ富士

吊るし雲と逆さ富士

「吊るし雲」とは、強い風が山を越えて吹くことで、雲が重なる現象のこと。台風の過ぎた後や、春や秋など季節の変わり目などに見られることが多い雲です。この写真では、吊るし雲と逆さ富士を撮影していますが、逆さ富士の撮影には、波風の立たない穏やかな晴れの日が条件。滅多に揃わない条件だけに、この二つを同時に撮影できたら、かなりの幸運です。

撮影時期:秋
撮影場所:本栖湖西側(国道300号線から県道709号線へ入って間もなく。山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉付近。お札の富士山の撮影地点)

古くは「霊峰」として、神さまが宿っていると信じられてきた富士山。壮大な富士山の景観を見れば、昔の人々と同じように、厳かな気分に浸れそうです。今度の週末は、カメラ片手に、山梨県へ行ってみてはいかがですか?

冨士の国やまなし 観光ネット

協力:やまなし観光推進機構

「やまなし観光機構と静岡観光協会に聞いてみた 写真を撮りたくなる富士山の絶景スポット ~山梨県編~」をシェアする

関連記事

ブランド

アリーナ

スイミングをコアとした、フランス生まれのスポーツブランドです。自己の可能性を信じて挑戦を続ける人々をサポートします。

マーモット

トップクライマーから絶対的な信頼を得る、高機能で高感度な、アメリカ生まれの本格的アウトドアブランドです。

  • 絶景
  • 写真
  • 富士山
  • 山梨県
  • 世界遺産

コラム一覧へ戻る