COLUMN

コラム

アウトドア

冬の防寒対策ならダウンジャケット!
選び方のポイント「フィルパワー」って?

冬の防寒対策ならダウンジャケット!選び方のポイント「フィルパワー」って?

そろそろ本格的な冬の季節。ここ数年寒い冬が続いていますが、今年も「厳冬」の予報が出ています。今からしっかり冬支度しておきたいですね。冬の必須アイテムと言えば、暖かいダウン。冬の登山はもちろん、普段使いとしても一着持っておけば安心です。昨今さまざまなダウンジャケットが発売されていますが、いろいろな価格やデザインがあるだけに迷ってしまうもの。どんな基準で選べばいいのでしょうか?

ダウンとフェザーの割合に注目!

ダウンとフェザーの割合に注目!

ダウンジャケットの中には、「ダウン」と「フェザー」という2種類の羽毛が入っています。ダウンボールとは、たんぽぽの綿毛のような羽毛のことを指します。これに対し、フェザーとは1本の羽根のようなものです。 どちらも同じ鳥から取れる羽毛ではありますが、ダウンの方が軽く、空気を内包しやすいという特性があります。ダウンに比べて重く空気を内包できないフェザーの割合が多いと、保温効果はあまり期待できません。このため、ダウンジャケットを選ぶ際は、ダウンボールとフェザーの割合に着目することが大切です。一般的には、ダウン70~90%、フェザー30~10%の割合が良いとされています。

フィルパワーの数値に注目!

フィルパワーの数値に注目!

フィルパワーとは、羽毛のかさ高性を示す単位のこと。ダウンに含まれる羽毛は1オンス(約28グラム)あたりの体積が大きければ大きいほど、良質であると判断されます。
フィルパワーが550以上あれば、次のことが期待できます。

・軽くて温かい
フィルパワーの数値が高いと、同じ重さでも保温効果の高さが期待できます。
その理由は、羽毛が多くの空気を内包できることにあります。この空気が熱伝導率を低くしてくれるため、内側の熱が放出されにくく、温かく感じられるのです。

・持ち運びできる
フィルパワーの数値が高いと、羽毛が少量でも温かなダウンを作ることができます。
少量の羽毛で作られたダウンジャケットは、折りたたんでカバンに収めるサイズにすることも可能。日夜の温度差が激しいときや、冬の登山にも最適です。

今回のまとめ

ダウンジャケットの機能性にこだわるなら、上記の2つのポイントをぜひ参考にしてみてください。また、ダウンジャケットは吸湿性に優れたアイテム。汗をかいたときには、水蒸気を外に逃がしてくれる性質も備わっています。「温かすぎると汗をかくのでは…」とお悩みの方も安心ですよ。

ダウンジャケットの関連ページはこちら

ダウンとフェザーの割合に注目!

マーモット40年の歴史は、ダウンジャケットにあり!

アウトドアブランド、マーモットのルーツである「ダウン製品」の歴史をイラストレータJERRYさんが描き下ろしたマンガでご紹介します。
アラスカの氷河授業で出会ったエリックとデイブからスタートしたマーモットの話を是非ご覧ください。

http://www.marmot.jp/marmot_downs/

おすすめの製品情報

マーモット ダウンジャケット

オンラインショップでチェック

ダウンジャケットで、快適なアウトドアライフを!

寒空の下、冬はイベントが盛りだくさん。天体観測をしたり、温泉旅行をしたり・・・少しでも温かい格好で、快適に過ごしたいですよね。そんなときは、フィルパワーの高いダウンジャケットで温かい服装で過ごしましょう。

「冬の防寒対策ならダウンジャケット!選び方のポイント「フィルパワー」って?」をシェアする

関連記事

ブランド

マーモット

トップクライマーから絶対的な信頼を得る、高機能で高感度な、アメリカ生まれの本格的アウトドアブランドです。

  • アウトドア
  • ダウンジャケット
  • フィルパワー

コラム一覧へ戻る