COLUMN

コラム

サイクリング

秋は、自転車で旅しよう!
おすすめの旅スタイル&エリア3選

秋は、自転車で旅しよう! おすすめの旅スタイル&エリア3選

今年の秋は「自転車のある旅」を楽しんでみませんか?トライアスロンが趣味で、国内外を自転車で楽しむことも多い、ライフスタイル・ジャーナリストの吉野ユリ子さんにお話を伺いました。 

自転車×旅の魅力

「自転車旅の魅力は、なんといってもその心地良さでしょう。自分の脚で自転車を走らせ風を感じるのは気持ちが良いですし、車や電車ではアクセスしにくい場所にもすいすい行けるので、旅先の町や人と仲良くなれます。サイクリスト同士、挨拶をしたり助け合ったりすることもあれば、地元の人に『あの坂、自転車で登ったの!?』なんて話しかけられることもありますよ」

訪れたことがある場所でも、自転車で旅をすると新しい出会いや発見がありそうです。吉野さんいわく、数か月練習すればすぐに40~50kmは走れるようになるのだとか! 渋滞やガソリン代の心配をせずに移動できるのも嬉しいですね。

行先選びのポイント

快適に過ごすためには行先選びの情報収集も大切。吉野さんが3つのポイントを教えてくれました。
1.自転車が走るのに十分な道幅や車線が確保できていること
「自転車は、基本的に車道を走ります。自転車レーンが設けられているところはまだ少ないので、広くてきれいな道路を選べば安心です」
2.交通量と歩行者数が多すぎず、危なくないこと
「交通量が多い道は危険を伴いますし、歩行者が多いところでは、自転車を押して歩かなくてはなりません。観光地の繁華街などは混雑している可能性があるので、事前に交通量などを確認しましょう」
3.自転車走りながら、景色が楽しめること 
「走りやすさだけで選んでしまうと、周囲に工場や幹線道路しかない、なんてことも。景色を楽しむなら緑豊かな場所や古い街並みが残っているエリアなどがおすすめです。ただし、山道は坂がつきもの。アップダウンが激しくないかもチェックして」
事前の確認をしっかりすることで、旅を思いっきり楽しむことができますね。

自転車旅おすすめのエリア

紅葉を満喫! 湘南~小田原

名所やグルメスポットが多く、1年を通して人気のエリア。自転車なら、ゆったりと景色を眺めることができます。紅葉のベストシーズンを狙って計画を立ててみるのも良さそうです。

「自転車である程度の距離を走れるなら、都内を朝早く出て、ランチをして帰るプランはいかがでしょうか。『湘南でしらす丼を食べる』といったゴールを設定すると一層楽しめます。自転車で往復するのが辛い場合は、コンパクトな『輪行袋(キャリーバッグ)』を持参すれば、行きは自転車、ランチビールを飲んで帰りは電車という方法も。また現地で自転車を借りて軽めのサイクリングを楽しむのも良いですね」

暮らすように楽しむ、京都

京都は見どころがいっぱい。市内には、神社仏閣はもちろん、地元で愛されるパンやおばんざいの店、カフェなど魅力的なスポットが点在しています。駅周辺やホテルのレンタサイクルを利用すれば、気軽に自転車旅を体験できます。

「京都の中心部はとてもコンパクトなので、自転車があれば1日で色々なところを回れると思います。自分でプランを組み立てるのが不安な場合は、『京都ライド』など自転車イベントのコースを参考にする方法もあります。お寺や公園、グルメスポットなどがバランスよく含まれていますし、多くの人が安全に楽しめるように設計されていますから」

自転車を相棒に旅する、尾道

瀬戸内海(尾道~今治)を自転車で横断できる「しまなみ海道」は、サイクリストに大人気。設備も充実しており、初心者から上級者まで自分のペースで楽しめます。

「尾道エリアで注目しているのは、全国初の、自転車に乗ったままチェックインできる宿泊施設『ONOMICHI U2』です。すべての客室が自転車持ち込み可能で、パブリックスペースには、工具を借りてメンテナンスができるリペアコーナーも! 自宅から宿へ、宿から自宅への自転車配送サービスもあり、サイクリストにとっては至れり尽くせりの場所ですね。自転車好きなら、宿泊先にもこだわってみるのも良いかもしれません」

自転車という要素が加わるだけで、旅の選択肢が大きく広がりますね。「自転車旅を満喫するには、目的にあった自転車とコースを選ぶことが大切です。自分の自転車を持って行くのか、現地で借りるのかによっても動き方が変わります。大きな荷物は持てないので、自然を楽しむ、カフェでお茶をするなど、身軽に楽しめる予定を組みましょう。行楽シーズンは交通量も増えますから、くれぐれも安全運転で!」 

有識者/吉野ユリ子

有識者/吉野ユリ子

ライフスタイル・ジャーナリスト。ハースト婦人画報社などを経てフリーに。雑誌を中心に、女性の豊かなライフスタイルのための提案を行う。トライアスリート、アスリートフードマイスターでもあり、トップアスリートへのインタビューやスポーツ関連の執筆も多い。http://ameblo.jp/yurico-y/

おすすめの製品情報

ルコックスポルティフ サイクリングウェア

オンラインショップでチェック

サイクリングウェアを着て、自転車旅を楽しもう!

いつもの服装で自転車旅を楽しむのもいいですが、汗をかいたり、風が強かったりすると、不快な思いをすることも。そんなときサイクリングに適したウェアをおすすめします!防風、はっ水、再帰反射機能が付いたものもあるので、機能性ウェアとともに自転車旅を楽しみましょう。

「秋は、自転車で旅しよう! おすすめの旅スタイル&エリア3選」をシェアする

関連記事

ブランド

ルコックスポルティフ【アスレチック】

1882年、フランス生まれのスポーツブランドです。伝統と斬新さを融合し、高いファッション性と洗練されたデザインで新しいスポーツライフスタイルを創造します。

  • サイクリング
  • 自転車

コラム一覧へ戻る